第4章:エホバの証人を越えて

本章が、最後の章です。

楽しい聖書の考察の旅は本章で終着駅です。本章に踏み込む前に、ざっと今までの章で考察したことを復習しておきましょう。

第1章:聖書の基本

  • 聖書はもともとユダヤ教の聖典
  • 聖書はもともと3部構成(トーラー、ネビイーム、ケトゥビーム)
  • イエスや弟子たちもこの区分をよく利用していた
  • イエスや弟子たちはもともとユダヤ教徒
  • 「聖書」とは基本的にヘブライ語聖書
  • ギリシャ語聖書とは「手紙の寄せ集め」

第2章:聖書の核心

  • 神は私たち人類の営みに一切干渉していない(できない)
  • 神は私たちが考えている以上に人間に近い存在
  • 神は人類と和解するために「仲裁機関、祭司の王国」を準備中
  • 旧約では「祭司の王国」の成員の供給源は古代イスラエルのみ
  • 古代イスラエルは甚だしい契約違反を繰り返したのでクビになる
  • 新約では「祭司の王国」の成員の供給源は世界中の忠実な人々
  • 「契約の修正」がイエス・キリストと弟子たちの主な宣教のテーマ
  • 現在は世界中から「祭司の王国」の成員を募集している段階
  • 祭司の定員が満員になったら人類の裁判「主の審判」が始まる
  • 主の審判が始まると、キリストは目に見える形で地上に降りてくる
  • 主の審判では、今まで地球上に存在した人間すべてが裁かれる
  • エホバの証人は上記の聖書の核心を何も分かっていない

第3章:エホバの証人の弱点

  • みんな聖書全体を把握していない
  • 隅っこ全体現象も原因
  • つまみ食い全体現象も原因
  • 聖書バラバラ大好き現象も原因
  • つまみ食いしやすい聖書も原因

 

さて、本章「エホバの証人を越えて」では、エホバの証人の組織を越えた先に広がっている広大な世界について考えようと思います。

エホバの証人の組織を越えることは単なる始まりに過ぎないのであり、その先には広大な自由と責任の世界が広がっていると言えるでしょう。

 

「自由」に関しては、エホバの証人の人間的な慣習からの自由が挙げられるでしょう。

集会や大会に関しては「偽りを教える」ことをしない限り聖書を愛する兄弟姉妹たちと交わり続けるのも一つの選択肢だと思いますし、その一方で、わざわざ会社をクビになってまで集会や大会に出席する必要はないと思います。

父の日や母の日、誕生日やクリスマスや乾杯といった行事に関してもやりたい人はやれば良いでしょうし、そのルーツや怪しげな雰囲気が気になる人はやらなければ良いと思います。

これらのことは後述する「本来のクリスチャンの業」からすればただの外縁に過ぎないように思われます。

 

輸血に関しても同じだと思います。

他人の血を入れることに生理的な抵抗を感じる人や「血を避けなさい」という聖句を踏まえて聖書的に無難な選択をしたい人はそうすれば良いと思います。

しかしながら、「やはり命には変えられないから」という理由でそれを受け入れる決定をするとすれば、その決定を下した人を非難することは誰にもできないと思います。

実際に神も、逃亡中のダビデと兵士たちが幕屋の中の聖所にあった「極めて神聖な」パンを止むを得ず食べた時には、彼らを咎めることはされませんでした(サムエル一 21:1~6)。

それは神にとってはやはり「命が一番大切」だからで、それを拒否することによって命を危険にさらすよりは、それを受け入れることによって生き続けてほしいからであったと思います。

しかし、輸血に関する決定はとても大きな決定でしょうし、この点に関しては私が踏み込むべき領域ではないでしょう。

輸血に関しては必ず各人の自己責任のもとに慎重に決定してほしいと思います。

しかしやはり、輸血をするしないというテーマでさえもこの後に取り上げる「本来のクリスチャンの業」からすれば外縁のことのように思えます。

 

さて、エホバの証人の組織を越えた先に広がっている広大な責任の世界についてはどうでしょうか。その先に広がっている責任の世界とはいったいどんな世界なのでしょうか。

結論から言ってしまえばその「責任」とは、「祭司の王国」の招待に応じるという責任のことです。加えて、将来予定されているキリストの裁判に備えるという責任のことでもあります。

  1. 祭司の王国の招待に応じる
  2. 将来のキリストの裁判に備える

この二重の責任こそが、神を純粋に愛し聖書を純粋に愛しているクリスチャンなら誰もが真摯に取り組むべき責任である、と言えるでしょう。

 

第2章で確認した通り、古代イスラエルの愚かな失敗のために「祭司の王国」の成員はいまだ集まっておりません。

パウロが「神の休みに入るという約束は残されている」とヘブライ人に対して発言した1世紀と同じように、現在においてもまだ「神の休みに入るという約束は残されて」います。

それゆえに、現代を生きるクリスチャンたちにも1世紀のクリスチャンたちと同じように「その休みに入るために力を尽くす」必要性が残されているわけです(ヘブライ 4章)。

「祭司の王国」こそが、古代イスラエルの時代から現代に至るまで一貫して神から人類に差し伸べられている和解の取り決めであり、人類にとっての唯一の希望の音信です。

そして「祭司の王国」への招待こそが、キリストの復活を信じキリストを自分の主人だと認識している世界中のクリスチャンたち全てに、平等に差し伸べられている招待なのです。

もしあなたが、少しでも聖書に対して真摯に取り組もうと思っているとすれば、この招待は間違いなくあなたにも差し伸べられています。

 

いかがでしょうか。

もはや、「聖書」という観点から見てしまえば「エホバの証人」という枠組みなど取るに足らない異物、もはやどうでもよい雑草だと言えるでしょう。

『ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)』は聖書の神エホバとは一切何の関係もありません

彼らが「神から任命されている」とか「排斥はエホバのご意志だ」などと言ったとしても、それは全て嘘です。

神が口を開かないことに付け込んで、やりたい放題やっているだけ、神の名前を誤用しているだけなのです。

 

さて、神は不公平な方ではないので「祭司の王国」の成員になるという招待を昔は古代イスラエルに対して、しかし現代においては世界中のクリスチャンたちに対して広く開放しておられます。

神と人類とが和解するためにはどうしても「祭司の王国」の完成が必要があり、そのためには一刻も早く「仲間の兄弟たちの数が満ちる」必要があるのです。

このようなわけで、「祭司の王国」への招待を真摯に受け入れる世界中のクリスチャンたちにとって、今、真剣に取り組むべきことはキリストの裁判に備えることだと言えるでしょう。

聖書の世界観を前提とすれば、キリストはご自身の白い馬を駆って地上に到来することになっています。主人曰く「それが遅れることはない」とのことです。

聖書の世界観を前提とすれば、私たちがキリストの臨在を目撃する瞬間は近いでしょう。

(ちなみに死後なら確実です。すべての人間は裁判を受けるために強制的に復活させられることになってますからw)

 

将来のキリストの裁判に真剣に取り組みたいと考える親愛なる読者のために、ヘブライ語聖書とギリシャ語聖書の中の裁判の文脈に伴って記述されている「救いのための要求事項」を、ここに列挙しておきます。

以下に挙げるものは私がヘブライ語聖書とギリシャ語聖書の中で発見できたものに限られておりますので、読者はご自身でその全てを探し出し、将来のキリストの裁判に備えて下さい

最後の審判

裁判における救いのための要求事項(参考)

また、あなたの兄弟が貧しくなり、あなたの傍にあって財政的に弱くなる場合、あなたはこれを支えなければならない。
レビ 25:35

立場の低い者に恵みを示している人はエホバに貸しているのであり、その扱いに対して神はこれに報いてくださる。
箴言 19:17

地の人よ、何が善いことかを神はあなたにお告げになった。そして、エホバがあなたに求めておられることは、ただ公正を行い、親切を愛し、慎みをもってあなたの神と共に歩むことではないか。
ミカ 6:8

あなた方は神と富とに奴隷として仕えることはできません。
マタイ 6:24

あなた方に言いますが、人が語る全ての無益なことば、それについて人は裁きの日に言い開きをすることになります。あなたは自分の言葉によって義と宣せられ、また自分の言葉によって有罪とされるのです。
マタイ 12:36,37

人の子は、自分の使いたちを伴って父の栄光のうちに到来することに定まっており、その時、各々その振る舞いに応じて返報するのです。
マタイ 16:27

「師よ、永遠の命を得るために、わたしはどんな善いことを行わなければならないでしょうか」。イエスは彼に言われた、「・・命に入りたいと思うならば、おきてを絶えず守り行いなさい」。彼は言った、「どのおきてですか」。イエスは言われた、「ほかでもない、あなたは殺人をしてはならない、姦淫を犯してはならない、盗んではならない、偽りの証しをしてはならない、あなたの父と母を敬いなさい、そして、隣人を自分自身のように愛さねばならない」。その青年は言った、「わたしはそれらをみな守ってきました。まだ何が足りないのですか」。イエスは言われた、「完全でありたいと思うなら、行って、自分の持ち物を売り、貧しい人たちに与えなさい。そうすれば、天に宝を持つようになるでしょう。
マタイ 19:16~21(マルコ 10:17~21、ルカ 18:18~22)

書士たちに気を付けなさい。彼らは長い衣を着て歩き回ることを望み、市の立つ広場でのあいさつと、食堂の正面の座席、そして晩さんでは特に目立つ場所を望みます。彼らは、やもめたちの家を食い荒らし、見せかけのために長い祈りをする者たちです。こうした者たちはより重い裁きを受けるでしょう。
マルコ 12:38~40

あなた方の敵を愛しつづけ、善を行いつづけ、何かを返してもらうことなど期待せずに利息なしで貸すことを続けて行きなさい。そうすれば、あなた方の報いは大きく、あなた方は至高者の子となるのです。・・あなた方の父が憐れみ深いように、あなた方も常に憐れみ深くなりなさい。また、裁くのをやめなさい。そうすれば、あなた方が裁かれることは決してないでしょう。・・いつも放免しなさい。そうすれば、あなた方も放免されるでしょう。
ルカ 6:35~37

自分の持ち物を売って、憐れみの施しをしなさい。自分のために、すり切れることのない財布、決して尽きることのない宝を天に作りなさい。
ルカ 12:33

あなたがごちそうを設けるときには、貧しい人、体の不自由な人、足なえの人、盲目の人などを招きなさい。そうすればあなたは幸いです。彼らはあなたに報いるものが何もないからです。あなたは義人の復活の際に報いを受けるのです。
ルカ 14:13,14

きわめて真実にあなた方に言いますが、だれでもわたしの言葉を守り行うなら、その人は決して死を見ることがありません。
ヨハネ 8:51

わたしのおきてを持ってそれを守り行う人、その人はわたしを愛する人です。さらに、わたしを愛する人はわたしの父に愛されます。そしてわたしはその人を愛して、自分をはっきり示します。
ヨハネ 14:21

つまり、イエスは主であるということを公に宣言し、神は彼を死人の中からよみがえらせたと心の中で信仰を働かせるなら、あなたは救われるのです。
ローマ 10:9

それなのに、あなたはなぜ自分の兄弟を裁くのですか。また、なぜ自分の兄弟を見下げたりするのですか。わたしたちはみな、神の裁きの座の前に立つことになるのです。
ローマ 14:10

あなた方は、不義の者が神の王国を受け継がないことを知らないとでもいうのですか。惑わされてはなりません。淫行の者、偶像を礼拝する者、姦淫をする者、不自然な目的のために囲われた男、男どうしで寝る者、盗む者、貪欲な者、大酒飲み、ののしる者、ゆすり取る者はいずれも神の王国を受け継がないのです。
コリント一 6:9,10

律法全体は一つのことば、すなわち「あなたは隣人を自分自身のように愛さねばならない」の中に全うされているからです。それなのに、もしあなた方がかみ合ったり食い合ったりすることを続けているのであれば、互いによって滅し尽くされてしまうことのないよう気をつけなさい。
ガラテア 5:14,15

さて、肉の業は明らかです。それは、淫行、汚れ、みだらな行い、偶像礼拝、心霊術の行い、敵意、闘争、ねたみ、激発的な怒り、口論、分裂、分派、そねみ、酔酒、浮かれ騒ぎ、およびこれに類する事柄です。こうした事柄についてわたしはあなた方にあらかじめ警告しましたが、なおまた警告しておきます。そのような事柄を習わしにする者が神の王国を受け継ぐことはありません。
ガラテア 5:19~21

聖なる民にふさわしく、あなた方の間では、淫行やあらゆる汚れまた貪欲が口に上ることさえあってはなりません。また、恥ずべき行い、愚かな話、卑わいな冗談など、ふさわしくない事柄があってもなりません。むしろ感謝をささげなさい。あなた方はこのことを知っており、自分でも認めているのです。すなわち、淫行の者、汚れた者、貪欲な者は、これらはつまり偶像礼拝者ですが、キリストの、そして神の王国に何の相続財産もありません。
エフェソス 5:3~5

そして、あなた方兄弟たちの霊と魂と体があらゆる点で健全に保たれ、わたしたちの主イエス・キリストの臨在の際にとがめのないものでありますように。
テサロニケ一 5:23

一方患難を忍ぶあなた方には、主イエスがその強力なみ使いたちを伴い、燃える火のうちに天から表わし示される時、わたしたちと共に安らぎをもって報いることこそ、神にとって義にかなったことであると言えるからです。その際イエスは、神を知らない者と、わたしたちの主イエスについての良いたよりに従わない者に報復するのです。
テサロニケ二 1:7,8

わたしたちの主イエス・キリストの顕現の時まで、汚点のない、またとがめられるところのない仕方でおきてを守り行いなさい。
テモテ一 6:14

今の事物の体制で富んでいる人たちに命じなさい。高慢になることなく、また、不確かな富にではなく、わたしたちの楽しみのためにすべてのものを豊かに与えてくださる神に希望を託すように。そして、善を行い、立派な業に富み、惜しみなく施し、進んで分け合い、自分のために将来に対するりっぱな土台を安全に蓄え、こうして真の命をしっかりとらえるようにと。
テモテ一 6:17~19

わたしたちの神また父から見て清く、汚れのない崇拝の方式はこうです。すなわち、孤児ややもめをその患難の時に世話すること、また自分を世から汚点のない状態に保つことです。
ヤコブ 1:27

憐れみを実践しない人は、憐れみを示されることなく自分の裁きを受けるのです。憐れみは裁きに打ち勝って歓喜します。
ヤコブ 2:13

最後に、あなたがたはみな同じ思いを持ち、思いやりを示し合い、兄弟の愛情を抱き、優しい同情心に富み、謙遜な思いを抱きなさい。危害に危害、ののしりにののしりを返すことなく、かえって祝福を与えなさい。あなた方はそうした道に召されたからです。それはあなた方が祝福を受け継ぐためなのです。
ペテロ一 3:8,9

それゆえ、愛する者たちよ、あなた方はこれらのものを待ち望んでいるのですから、最終的に汚点もきずもない、安らかな者として見いだされるよう力を尽くして励みなさい。
ペテロ二 3:14

しかし、だれであろうと、生活を支えるこの世の資力があるのに、自分の兄弟が窮乏しているのを見ながら、その兄弟に向かって優しい同情の扉を閉じるなら、その人にはどうして神の愛がとどまっているでしょうか。子供らよ、言葉や舌によらず、行いと真実とをもって愛そうではありませんか。
ヨハネ一 3:17,18

実際、これが神のおきてです。すなわち、わたしたちがそのみ子イエス・キリストの名に信仰を持ち、彼がわたしたちにおきてを与えたとおり、互いに愛し合うことです。・・そのおきてを守り行うこと、これがすなわち神への愛だからです。
ヨハネ一 3:23、5:3

しかし、臆病な者、信仰のない者、不遜で嫌悪すべき者、殺人をする者、淫行の者、心霊術を行う者、偶像を礼拝する者、またすべての偽り者については、その分は火と硫黄で燃える湖の中にあるであろう。これは第二の死を表している。
啓示 21:8

私がお伝えしたいことは以上です。

とても短い時間でしたが、ここまで読み進めて来られたあなたは「聖書」に関しては間違いなく、世界中のエホバの証人たちの誰よりも詳しい状態になっていることと思います。

おめでとうございますw

 

さて最後に、私なりに結論をまとめるとすれば次のようになるでしょう。

自分の時間、能力、財産をもっぱら貧しい人たちを助けるため、社会的に弱い人たちを援助するために使うこと。そのようにしてキリストの臨在(あるいは自分の死)を待ち続けること。

聖書の世界観から言えば、これが人のなし得る「最善の生き方」です。

すべてのことが聞かれたいま、事の結論はこうである。まことの神を恐れ、そのおきてを守れ。それが人の務めのすべてだからである。
まことの神はあらゆる業をすべての隠された事柄に関連して、それが善いか悪いかを裁かれるからである。
伝道 12:13,14

「しかり、わたしは速やかに来る」。アーメン! 主イエスよ、来てください。
主イエス・キリストの過分のご親切が聖なる者たちと共にありますように。
啓示 22:20,21

 

 

執筆:2014/06/10
改訂:2016/05/12
改訂:2017/02/20
改訂:2018/07/20

↑