第3章:エホバの証人の弱点

前章ではギリシャ語聖書から36もの聖句を引用し、文字通り全ての聖書筆者たちが以下の教えを繰り返していることを確認しました。

  1. 臨在:イエス・キリストは目に見えるかたちで地上に降りてくる
  2. 裁き:イエス・キリストは人間すべてをひとりひとり裁判にかける

これらは、キリスト教の教義としては非常に一般的なものであることも前章のポイントでした。

実際、カトリック教会の信者たちもおおよそこのことを信じていますし、プロテスタント教会の信者たちもそうです。つまり、これらの教義はキリスト教の教えとして広く共有されているわけです。

インターネット百科事典「Wikipedia」の「再臨」という項目にも、この点についての説明があったので引用しておきます。

キリスト教共通の告白:キリスト教会には再臨について共通した信仰が存在する。それは、主イエス・キリストが再臨し、世を裁き、神の国を確立するという信仰である(救い主の預言の成就)。キリスト教会共通の信条であるニカイア・コンスタンティノポリス信条は、「主は、生者と死者を裁くために栄光のうちに再び来られます。その国は終わることがありません。」「栄光を顕して生ける者と死せし者とを審判する為に還り来たり、その国、終わりなからんを」と告白する。また西方の使徒信条は「主はかしこより来たりて、生ける者と死ねる者を裁きたまわん」と告白する。
Wikipedia「再臨

しかしながら一方で、エホバの証人たちはこれらの教えを受け入れていません。むしろ知りません。

何年、何十年と集会や大会に出席したとしても、このように教えられることは決してないでしょう。

では、エホバの証人たちはいったいどんなことを教わっているのでしょうか。何年、何十年と集会や大会で教わっているのはどのような教えなのでしょうか。

「臨在」と「裁き」に的を絞るとすれば、エホバの証人の教えはおおよそ以下のようになっています。

  1. 臨在:イエス・キリストは1914年に目に見えないかたちで臨在し、地上に代表者を任命した。現在はその代表者を唯一正しい経路として指導を与えている
  2. 裁き:大患難の時に神と組織に忠誠を保つ人がハルマゲドンを生き残る。ハルマゲドンのあと千年統治が始まり、その間に死者たちが復活するので彼らに対する地球規模の聖書教育活動が展開される

一般の方々にとっては非常に不可解な内容だと思いますが、エホバの証人たちにとってはとても馴染みある内容だと思います。

そして、エホバの証人たちはこれらの教えを聖書の教えとして固く信じているのです。

もちろん、聖書の中に次のようなことが微塵でも書かれていれば、話は全く変わってくるのですが。

「終わりの日にイエス・キリストは目に見えないかたちで臨在します!そして地上に新しい国民を任命するでしょう!以後、その新しい国民に付き従いなさい!」

 

しかし前章で詳しく確認したように、「祭司の王国」の成員が世界中から集められている今、わざわざ再び神が地上に組織を任命する必要性などどこにもありませんし、百歩譲って神からの何か新しい契約修正があるとすれば、古代イスラエル建国やコルネリオの時のようにハッキリとした表明があるはずでしょう。

しかしながら、エホバの証人は古代イスラエル建国やコルネリオの時に匹敵するほどのハッキリとした表明、ハッキリとした契約を神と交わしたわけでもないのに「神から選ばれた!」と公然と主張しています。

これは神に対してあまりにも失礼ではないでしょうか。

そこら辺に転がっている偶像とは違い、神は口と声をお持ちなのです。本当にその気であったのなら、任命の際には実際に天から声が聞こえたはずでしょう。

それとも、エホバの証人たちは神には声を出す能力がないとでも考えているのでしょうか。

 

そういえば、エホバの証人たちは自分たちが任命されている証拠として「世界的な兄弟関係を楽しんでいる」と誇らしげに強調します。これはまさに神の奇跡である、というわけです。

集会や大会で公演する兄弟たちも両手を大きく広げて「エホバの証人は世界的な兄弟関係を楽しんでいます。これは実に驚くべきことです。神は私たちによってご自身の業を拡大しておられるのです!」と強調します。

兄弟姉妹たちはたびたび、こういった「驚くべきこと」が自分たちの間で起こっていることを神の組織の証拠として喜んでいるようですが、聖書的に言えば「驚くべきこと」が起こっていることはあまり喜ばしいことではありません。

偽キリストや偽預言者が起こり、できれば選ばれた者たちをさえ惑わそうとして、大いなるしるしや不思議を行うからです。ご覧なさい、わたしはあなた方にあらかじめ警告しました。
マタイ 24:24,25

しかし、不法の者が存在するのはサタンの働きによるのであり、それはあらゆる強力な業と偽りのしるしと異兆を伴い、また、滅びゆく者たちに対するあらゆる不義の欺きを伴っています。
テサロニケ二 2:9,10

さらに、エホバの証人の兄弟たち、特にベテル奉仕者やいわゆる監督たちが好む表現の中に「自分たちは油注がれた兄弟たちを支援している」といったものがあります。

天的な希望を持つ兄弟たちを「油注がれた」兄弟と呼び、祈りの中などで彼らと結びついていること、彼らを支援していることが誇らしげに強調されたりします。

残念ながら、聖書的に言えば「油注がれた兄弟たち」と結びついていることや「油注がれた兄弟たち」を支援していることはあまり誇らしいことではありません。

そこでイエスは答えて言われた、「だれにも惑わされないように気を付けなさい。多くの者がわたしの名によってやって来て、「わたしがキリスト(ギ語:油注がれた者)だ」と言って多くの者を惑わすからです。
マタイ 24:4,5

指導的な長老たちや奉仕の僕たちは、集会の話の中などで誇らしげに「油注がれた兄弟たち」との結びつきを強調するかもしれませんが、彼らはただ単に自分が偽キリストと結びついていることを強調しているに過ぎないのです。

とても残念な話ではないでしょうか(これは序章でも確認した通りですね)。

エホバの証人の弱点について

さてここからが本題ですが、エホバの証人たちがあれほど聖書を研究しながら、こんなにも聖書とは別の世界を生きているのはなぜでしょうか。

聖書をあれほど愛し、聖書をあれほど重んじているというのに!

エホバの証人たちの聖書への愛には凄まじいものがあるでしょう。彼らは聖書を足で踏むくらいなら間違いなく死を選びます。

にも関わらず、聖書とは全く別の世界を生きているのです。その原因は一体なんでしょうか。

 

最も大きな原因、それは「みんな聖書を把握していない」に尽きるでしょう。

みんな聖書を把握していない、みんな聖書をよく分かっていない、みんな聖書をボヤーっと理解している。言い方は様々あると思いますが、これがエホバの証人たちの致命的なまでの弱点です。

これこそが、エホバの証人たち(あなたの会衆の兄弟姉妹たちから始まりニューヨークの統治体たちに至るまで)が聖書を大きく誤解し、大きく誤用してしまう主な原因だと言えます。

このボヤーっとした理解がいかに致命的であるか、この点について少し説明していこうと思います。

 

例えば、あなたが広くて大きな牧場主だとします。あなたは広大な敷地に柵を巡らせており、その中に羊をたくさん飼っているとしましょう。

大切な羊たちが外へ逃げてしまわないためには「隙間なく」柵を巡らせる必要があります。当然ですよね。

仮に、あなたの牧場の柵のどこかに少しでも隙間があるとすれば、そこから羊たちは逃げてしまうでしょう。

柵の隙間から逃げてしまった羊たちはどこへ行くのでしょうか。それは誰にも分かりません。あっちへ行くかもしれませんし、こっちへ行くかもしれません。自由気ままに行きたい放題です。

 

聖書の理解に関しても全く同じことが言えます。

聖書全体の内容をしっかりと囲っていない場合(把握していない場合)、そこには当然ながら隙間があるわけですから、そこからいくらでも自由な発想、いくらでも自由な解釈ができてしまいます。

ちょうど隙間から逃げ出す羊たちのように、その人はいくらでも自由気ままに聖書の解釈ができてしまう訳です。あっちへ行くかもしれませんし、こっちへ行くかもしれません。

本来、聖書全体の内容や流れをきちんと把握さえしていれば、聖書には解釈の余地などはありません。

解釈の余地があるということは、その人の聖書の理解のどこかに「隙間がある」ということに他なりません。

 

そして、この「解釈の余地」に付け込んでいるのが統治体たちです。

彼らはエホバの証人の成員たちに次のように言っていると考えると分かりやすいかもしれませんね。

「あなたがお持ちの牧場(聖書)はとても広大ですね!全体に柵を巡らす(把握する)なんてきっと大変でしょう。安心して下さい!私たちがあなたの代わりに柵の管理をしてあげましょう!」

このようにして、ほとんどのエホバの証人たちは聖書の理解を統治体たちに「外注」する訳です。

「ふぅ、牧場すべて(聖書全体)に柵を巡らす(把握する)のは面倒だと思っていたんだ。彼らがすべて代わりにやってくれる訳だから本当に助かるな!」。

 

このような状態を許すと、具体的に何が起こってしまうでしょうか。

例えば、次のような文章がものみの塔誌に載ります。

当時、一つの聖書研究者のグループが、一般的な考えとは違い、キリストの帰還は目に見えないということを識別しました。イエスは天で即位した後、王として地上に注意を向けるという意味で帰還します。弟子たちは、目に見えないイエスの臨在が始まったことを、目に見える複合のしるしによって知るのです。ーマタイ 24:3-14
ものみの塔 05/1/15 p15

聖書の理解を統治体たちに「外注」しているエホバの証人たちは、この記事を読んで次のように考えるに違いありません。

「なるほど、キリストの帰還は目に見えないんだな。真の弟子たちはキリストの帰還を識別するんだな。それを識別しているエホバの証人はキリストの真の弟子なんだな」。

 

(・・・やれやれ)。では試しに「隙間」を埋めてみましょう。

キリストの臨在に関しては以下のような聖句がありました。

またその時、人の子のしるしが天に現れます。そしてその時、地のすべての部族は嘆きのあまり身を打ちたたき、彼らは、人の子が力と大いなる栄光を伴い、天の雲に乗って来るのを見るでしょう。
マタイ 24:30

そしてあなた方は、人の子が力の右に座り、また天の雲とともに来るのを見るでしょう。(敵に対する発言
マルコ 14:62

そのとき彼らは、人の子が力と大いなる栄光を伴い、雲のうちにあって来るのを見るでしょう。
ルカ 21:27

見よ、彼は雲と共にくる。そして、すべての目は彼を見るであろう。彼を刺し通した者たちも見る。また、地のすべての部族は彼のゆえに悲嘆して身を打ちたたくであろう。しかり、アーメン。
啓示 1:7

いかがでしょうか。

つまり、エホバの証人たちの聖書の見解には制限がかかっていないのです。制限がかかっていない(天井がない)ということは、自由気ままにどこまでもぶっ飛んだ理解ができるということです。

「キリストの臨在は目に見えない」「神は地上に組織を必要としている」「自分たちは神から選ばれた唯一の組織だ」

このようなぶっ飛んだ理解はどれも、聖書全体の把握という制限がないためにできる曲技飛行だと言えるでしょうね。

聖書全体をきちんと把握して柵をめぐらしておくことが聖書を論じる上でいかに大切か、分かって頂けたと思います。

その他の3つのエホバの証人の弱点

さて、「みんな聖書を把握していない」という致命的な弱点に付随して、エホバの証人には他にも幾つかの(決して小さいとは言えない)弱点があります。

今回は3つほど取り上げようと思いますが、分かりやすいようにそれらに名前をつけてみました。

  • 隅っこ全体現象
  • つまみ食い全体現象
  • 聖書バラバラ大好き現象

ものみの塔や出版物の文章の隅っこに聖句の引用が発見されると、それ以前の文章、あるいはそれを含む文章がすべて聖書全体の教えになってしまうという不思議な現象、これが「隅っこ全体現象」です。

先ほど挙げた「キリストの帰還は目に見えない」というものみの塔の記事もそうでした。長い説明の一番最後の隅っこに「マタイ 24:3-14」という表記がなされています。

すると、なんと不思議なことでしょうか。

エホバの証人にとってはものみの塔誌が「聖書」に早変わりです。そして、「キリストの帰還は目に見えない」という教えが(自動的に)「聖書全体の教え」ということになってしまいます。

非常に不思議な現象ですね。

 

同じような現象として「つまみ食い全体現象」というものもあります。

「つまみ食い全体現象」とは、1つの聖句を食べただけであたかも聖書全体を食べたかのような深い満足感に襲われるという恐ろしい現象のことです。

「つまみ食い全体現象」によって悪用されている代表的な聖句は間違いなく次の聖句でしょう。

主人が、時に応じてその召使いたちに食物を与えさせるため、彼らの上に任命した、忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか。主人が到着して、そうしているところを見るならば、その奴隷は幸いです。あなた方に真実に言いますが、主人は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさどらせるでしょう。
マタイ 24:45~47

「統治体」がキリストから特別な任命を受けている根拠としてこの聖句がよく引用されますが、この聖句こそ「つまみ食い全体現象」の代表格です。

なぜなら、この聖句たった1つで統治体はキリストのすべての持ち物を任されていることが「聖書全体の教え」になってしまうのですから。

 

では試しに、ここではつまみ食いをやめて話し全体の文脈を考慮してこの聖句を読んでみることにしましょう。

すると、どうでしょうか。違った風景が見えてきます。

それゆえ、ずっと見張っていなさい。あなた方は、自分たちの主がどの日に来るかを知らないからです。家あるじは、盗人がどの見張り時に来るかを知っていたなら、目を覚ましていて、自分の家に押し入られるようなことを許さなかったでしょう。このゆえに、あなた方も用意のできていることを示しなさい。あなた方の思わぬ時刻に人の子は来るからです

主人が、時に応じてその召使いたちに食物を与えるため、彼らの上に任命した、忠実で思慮深い奴隷はいったいだれでしょうか。主人が到着して、そうしているところを見るならば、その奴隷は幸いです。あなた方に真実に言いますが、主人は彼を任命して自分のすべての持ち物をつかさどらせるでしょう。



しかし、もしそのよこしまな奴隷が、心の中で、「わたしの主人は遅れている」と言い、仲間の奴隷たちをたたき始め、のんだくれたちと共に食べたり飲んだりするようなことがあるならば、その奴隷の主人は、彼の予期していない日、彼の知らない時刻に来て、最も厳しく彼を罰し、その受け分を偽預言者たちと共にならせるでしょう。そこで彼は泣き悲しんだり歯ぎしりしたりするのです。
マタイ 24:42~51

この聖句が言いたいのは、イエス・キリストは統治体を任命しているから組織に従いなさいということではありません。

この聖句が言いたいのは、イエス・キリストはいつ地上に戻ってくるか分からないから、罰せられないように常に見張っていなさいということです。

ところがほとんどのエホバの証人はイエスの話を最後まで聞きません。

「しかし・・」とイエスが話を続けようとすると、聖書をパタンと閉じてどこかよそへと行ってしまうのです(たぶん集会か奉仕でしょう)。

困ったものです。

 

このように考えると、エホバの証人の集会や大会は「栄養豊かな霊的な宴」というよりは「聖書の試食会」程度だと言えます。「宴」というほどのものではありません。

スーパーの試食コーナーで主婦たちが試食をしている様子を想像して下さい。小さな爪楊枝で、小さな食材をつついている光景が目に浮かぶでしょうか。

集会も同じです。集会に行けば兄弟姉妹たちが聖書を開いては閉じて、開いては閉じてと、あたかも爪楊枝で聖書をつまみ食いしている様子が容易に目撃できるでしょう。

集会というよりは「試食会」。大会といよりは「試食大会」。国際大会というよりは「国際試食大会」なのです。

ちなみに、iPad やタブレットの登場のせいでエホバの証人のつまみ食いの暴走は誰にも止められない状態になってしまいました。

 

エホバの証人の弱点の極め付けは「聖書バラバラ大好き現象」でしょうね。

この現象はほとんどのエホバの証人たちに見受けられる性質で、聖書をバラバラに分解して研究するのが大好きという、なんとも薄気味悪い性質のことです(聖書全体の把握とは対極)。

どんなに長年聖書を熱心に研究するとしても、聖書をバラバラに分解して研究するならその人は聖書を正しく理解することなど不可能でしょう。

例えば、考えてみて下さい。

『美女と野獣』といった2時間程度の映画を1日4分ずつ、1ヶ月かけて鑑賞したいなどと誰が思うでしょうか。そんな鑑賞の仕方で映画の全体像やメッセージを的確に理解できるでしょうか。

いや、無理です。

そんな滅茶苦茶な鑑賞のやり方をしては映画の全体像やメッセージなど理解できるわけがありません。2時間の映画を一気に観てしまうからこそ映画の全体像やメッセージが理解できるのです。

あるいは、次の場合はいかがでしょうか。

2時間の映画を1分の断片にバラバラに区切って、その小さな断片を流れに関係なくバラバラに鑑賞するのです(『美女と野獣』をそのように鑑賞したら、どうなるでしょうね・・)。

ここまで来ると、そんな鑑賞の仕方をする人は「おかしい」の一言だと思います。そんな鑑賞の仕方をする人が「僕はあの映画を全部みたよ」などと言って、誰が納得するでしょうか。

誰も納得しません。

断片的かつバラバラに映画の断片を観たとすれば、それは「映画を観た」というよりは「シーンを見た」だけに過ぎません。

最初から最後まで一気に観て初めて「映画を観た」と言えるのです。こんなの常識だと思います。

お気付きの通り、エホバの証人たちは上記に述べたことを「聖書」に対して行なっています。いえむしろ、彼らはバラバラになった聖書を使って個人研究をするのが大好きなのです。

ここまで来ると、もはや恐ろしい・・。

 

全体像やメッセージを正しく理解したいのであれば適切なスピードが絶対に必要であり、これは映画鑑賞も聖書研究も同じだと言えます。

人間の脳がそのようにできているからです。

悲しいことに多くのエホバの証人たちは聖書の中に収録されている一つ一つの書(創世記やマタイ書など)が映画や物語と同じようにストーリーを持っていることを忘れています。

むしろそれらを、分割しても構わない「詩集」や「俳句集」のように扱っているのです。創世記やマタイ書は「詩集」や「俳句集」ではありません。

それらは「1つの映画」であり「1つの物語」なのです。それらにはそれぞれの流れがあり、本来それは区切って良いものではありません。

 

ツタヤなどからレンタルした世俗の映画を1分ずつの断片に区切ってバラバラに鑑賞するという愚行をしているエホバの証人は一人もいないでしょう。

それなのに、神のみ言葉である聖書だけに限っては、ほとんど全てのエホバの証人たちが聖書を断片に区切ってバラバラに研究するという愚行をなんのためらいもなく平然とやってのけているのです。

非常に残念ではないでしょうか。

バラバラに分断された聖書の起源

ちなみに、多くのエホバの証人たちが聖書を「つまみ食い」してしまうのは、彼らが本来の姿の聖書ではなく「つまみ食いしやすい聖書」を使っているから、という点は覚えておく価値があります。

つまり、エホバの証人は「章」と「節」で分割された聖書を使っています。そして「章」と「節」で分割された聖書とは本来の姿の聖書ではなく、これがまた「つまみ食い」をしやすい聖書なのです。

 

そもそも聖書に章と節といった数字による区切りが挿入されたのは西暦13世紀あたりからで、それ以前の聖書には章や節といった数字による区切りはありませんでした。

当然のことながら、イエスは数字によって区切られていないヘブライ語聖書を使っていましたし、パウロやテモテといった初期クリスチャンたちもこの点に関しては同様です。

ギリシャ語聖書に至っては、それらがもともと手紙だったことを考えれば、数字による区切りは明らかに後付けであることは想像にたやすいと思います。

 

では、いつの時代から聖書に章や節といった数字による区切りが挿入されるようになったのでしょうか。実は区切りが挿入されるようになったのは割と最近です。

ヘブライ語聖書に関しては、英国の聖職者スティーブン・ラントンが13世紀初頭に付け加えました。ギリシャ語聖書に関しては、フランスの印刷業者ロベール・エティエンヌが16世紀半ばに行ったことが最初とされています。

彼らの思いつきと印刷技術や流通の発展とが相まって章と節によってつまみ食いしやすくなった聖書が世界中に送り出されてしまったわけです。

彼らは読みやすさ、そして開きやすさといった便宜のために聖書を章と節に分割したのでしょう。

しかし、分割したことによる読者のつまみ食いの弊害を考えると、聖書は章と節で分割されるべきではなかったと思います。

どうしても分割するのであれば、章あるいは節はあくまでも便宜のために付けられていること、それは話の内容によって正確に区切られているわけではないこと、何よりも本来の聖書にはそのような区切りなど存在しなかったことを最初のページか目次の目立つところで強調すべきだったと思います。

このように考えると、聖書を「つまみ食い」してしまっているエホバの証人も実は単なる被害者なのかもしれません。

エホバの証人に限らず聖書を「つまみ食い」してしまう傾向は、キリスト教の世界のあちこちで目撃されている現象だからです。

 

しかしながら、このような残念な歴史に毒されていない人たち、本来の姿のままの聖書を今でも使っている人たちがいます。

それはユダヤ教徒たちです。

実際、ユダヤ教徒たちは現代でも数字による区切りのない本来の姿の聖書を使って聖書を勉強しています。

単なる「数字」とは言え、もともと聖書になかったものを加えることなど彼らの間では許されないからです。

このようなわけで、ユダヤ教徒たちは今でも数字による区切りのない聖書を使って聖書を勉強していますし、自分たちの子供にも同じように数字による区切りのない聖書を使わせ、聖句の場所は暗記させているのです。

トーラーを読んでいる子供ヘブライ語聖書を読んでいる少年

現代のユダヤ教徒たちからすれば、読みやすいから、開きやすいからという自分たちの勝手な都合で「異物」を加えることなど怠慢のすることであり、神への冒涜以外のなにものでもないのです。

この精神は見習うに値するのではないでしょうか。

この点に関して言えば、私はキリスト教の世界で普及している聖書よりもユダヤ教の世界で普及している聖書の方が正しい形をとどめていると思います。

ちなみに、現代のユダヤ教について学ぶことは聖書の世界観を押し広げるのに大いに役立ちます。キリスト教からすればユダヤ教は「実家」みたいなものだからです。

 

さて、以上をもって本章での考察はおしまいです。

エホバの証人が聖書を熱心に研究しながらも聖書とは全く別の世界に生きている原因、それは幾つかあるのでしょうが、本章では以下の5つの原因に注目しました。

  1. みんな聖書全体を把握していない
  2. 隅っこ全体現象も原因
  3. つまみ食い全体現象も原因
  4. 聖書バラバラ大好き現象も原因
  5. つまみ食いしやすい聖書も原因

以上で、エホバの証人の弱点は説明できたと思います。

 

↑