1分で聖書から証明w エホバの証人は単なる人間の組織

忙しい方のために、エホバの証人が「単なる人間の組織」であることを1分で聖書から証明しておきます。

とりあえず2つのアプローチを挙げておきますね。参考にどうぞ。

「油注がれてます発言=偽預言者」アプローチ

そこでイエスは答えて言われた、「だれにも惑わされないように気を付けなさい。多くの者がわたしの名によってやって来て、『わたしが油注がれた者だ』と言って多くの者を惑わすからです。

その時、『見よ、ここに油注がれた者がいる』とか、『あそこに!』とかいう者がいても、それを信じてはなりません。

偽キリストや偽預言者が起こり、できれば選ばれた者たちをさえ惑わそうとして、大きなしるしや不思議を行うからです。ご覧なさい、わたしはあなた方にあらかじめ警告しました。
マタイ 24:4,5,23

キリスト(Christ):
ギリシャ語クリストスに由来するこの称号は、ヘブライ語のマーシーアハ、つまり「メシア;油注がれた者」に相当します。(マタ2:4, 参照資料付き聖書脚注と比較。)
洞察1 p762

エホバの証人を代表する統治体たちは「自分たちは油注がれた者である」と発言している
↓↓
イエスの警告によると、それを信じてはいけない。つまり、統治体たちは偽預言者
↓↓
証明終わり

「1度でも預言ミス=偽預言者」アプローチ

話すようにとわたしが命じたのではない言葉をあえてわたしの名において話す預言者、その預言者は死ななければならない。

もし預言者がエホバの名において話しても、その言葉が実現せず、その通りにならなければ、それはエホバが話されなかった言葉である。その預言者はせん越にそれを話したのである。
申命記 18:20-22

エホバの証人を代表する統治体たちは1914年(瞬く間に天に昇る)、1975年(終わりが来る)など、神の名前を使って何度か大きな間違った発言を行なっている
↓↓
聖書の説明によると、神の名前を使って発言した言葉が1度でも実現しなかった場合、その発言をした人間は例外なく偽預言者。つまり、統治体たちは偽預言者(死ぬべきらしい)。
↓↓
証明終わり

 

↑