聖書を暗記したらエホバの証人が間違ってた件www

聖書を暗記した元エホバの証人

当方、3年かけて聖書を暗記しました。結果・・・・・・・・・
エホバの証人は間違ってましたwww

このブログを書いた理由

もちろん、聖書を一字一句丸暗記したわけではありませんが、だいぶ猛烈に勉強しましたので聖書全体の内容や流れは頭の中に入っています。

とりあえず、あなたの周りにいる長老や監督たち、ニューヨークにいる統治体たちよりは聖書に詳しいことは間違いありませんので参考にして頂けると嬉しいです。

むしろ、このブログを読めば、あなたも統治体や長老たちよりも遥かに聖書に詳しくなり、組織を全ての面で超えることができるようになると思います。

 

このブログ全体は1時間もあれば全部読めてしまう短いものですが、このブログを読み終える頃には聖書の理解の面において、あなたは組織を超えたことを実感しているでしょう。

安心して下さい。

統治体やあなたの会衆の長老たちは単なる聖書の勉強不足です。ゆえに、たった1時間かそこらで彼らを超える事ができてしまう訳です。

目次:メインコンテンツ

書いた人のプロフィール

  • 6歳からガチガチのエホバの証人(母親は熱血開拓者、父親は協力的な未信者)
  • 中学生の時にバプテスマ受ける(この頃は、巡回監督が目標でした)
  • 20歳の時に全時間奉仕者になる(いわゆる開拓者ってヤツです)
  • 21歳の頃から聖書の猛勉強を始める(でも小学生の頃から結構勉強してました)
  • 22歳の頃から集会がだるくなる(兄弟たちの聖書の話のレベルが低すぎて苦痛でした)
  • 24歳の時に奉仕の僕になる(この頃はフェードアウトする計画を立てていました)
  • 26歳でフェードアウト。現在は30代です。

だいたい、以上のような感じです。

現役の頃は大会でも割り当てや案内係の仕事をしていました。

ただ、あまりにも(プログラムの内容が)だるすぎたので、自分の出番が来るまで会場の近くのコンビニや漫画喫茶でマンガや聖書を読んでました。

フェードアウトする直前には地域大会監督補佐の割り当ての話も出てましたが、面倒くさそうだったのでやめました。まぁ昔の話です・・

フェードアウトだったので特に長老たちや巡回監督とは揉めませんでした。自然消滅を選んだ理由は、幼い頃から非常にお世話になった人たちにいらぬ迷惑をかけたくなかったからです。

言ってみれば、私にとってエホバの証人の組織とは「決して帰ることのない懐かしい故郷」みたいなものです・・

↑